筋膜はがしで肩こり解消

肩回りの血流を促すには筋膜はがしが効果的

筋膜はがしでしなやかな身体を手に入れよう

長引く辛い肩こりを解消するには?

肩こりに悩まされている方は多いものです。ストレスや運動不足が原因と考えられ、症状が長引くこともあります。特に、パソコンやスマホなどの情報機器の使用が増えた現在では、目の疲労から肩こりになることも多いです。肩こり解消のために誰かに肩を揉んでもらっても、多くの場合その効果は一時的です。肩を回したり、腕のストレッチをしたりと運動をしても、なかなか解消されないことが多いものです。整骨院や整体に行くことができれば、専門家の力によって解消できることもあるでしょう。しかし、継続して施術を受けるために通い続けることは、忙しい現代人にとってはなかなか難しいものです。自宅にいながら、自分で肩こりを根本的に解消する方法があれば、多くの人が肩こりの悩みから解放されるでしょう。

自分でできる簡単な運動で肩こりを治そう

肩こりを解消する運動の一つに、筋膜はがしというものがあります。筋膜とは、筋肉を包み込んでいる膜で、複数の種類があるものです。筋膜はそれぞれの筋肉を包みながら全身でつながっています。一つの筋肉が凝ったりして痛みが出ると、筋膜を介して他の部分にもゆがみや痛みが出てしまいます。逆に言えば、筋膜を緩めてリラックスできれば、肩こりなどの筋肉の痛みを解消できるのです。筋膜はがしは、難しい動きではありません。自宅にいながらできるストレッチの動きで、全身の筋膜をほぐしていきます。ゆがんでいる筋膜を正しい位置に治すのですから、無理な動きをしてはいけません。ゆっくりと呼吸をしながら、筋膜を緩める意識を持って取り組むことが大切です。肩だけでなく、全身の筋膜を意識したいものです。

肩こりの解消のために気をつけたいこと

筋膜はがしは簡単な動きですが、自己判断で無理な動きをしてしまうと、筋膜や筋肉を痛める恐れがあります。動画や画像で動きを確認しながらやっていくべきでしょう。それでもやり方がわからなかったり、身体に不具合が出たりする場合は、専門家の指導を受けましょう。筋膜はがしを専門とする整体や整骨院は各地にあります。お住まいの地域で、筋膜はがしを扱っている専門家を探してみるといいでしょう。自己流で動き続けるよりも、専門家の力を借りたほうが上手くいく場合があります。長い間悩まされた肩こりを解消するにはそれなりの時間がかかると考えて、じっくりと筋膜はがしに取り組んでみるといいと思います。筋肉だけをほぐすやり方とは違って、全身につながる筋膜にアプローチする筋膜はがしを取り入れれば、今まで得られなかった肩こり解消の効果が得られることと思います。

人気記事ランキング